環境意見及び活動

■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2017年06月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■OTHER■
●papas cafe●
●mamas garden●
●とっておき八丈情報●

J-1グランプリin 八丈島 参加者募集中

八丈島磯風

kiduppers

八丈島の空調・電設・メンテナンス工事の英電舎

海洋生物の多様性から、島の海洋環境を考える
海は、地球創世記からの生命が誕生した場所だ。
それだけにその多様性は高いが、例えば光合成で考えた場合は、その後の陸上で適応拡散した多くの生物に比べ、その数は決して多くはない。
例えば、海洋に生息する維管束植物の場合は、ほぼアマモの仲間に限定されるだろうか。

動物の場合も、デポン紀に陸上に進出した昆虫の仲間が、大よそ135万種が既知種の総数で7割を占めるが、そのうちで海産のものが僅かである。
魚類や両生類にしても、陸産の哺乳類、鳥類、爬虫類に比べ圧倒的に少ない。それだけ陸上に進出した生物は多様に進化して適応拡散したが、海洋のものは進化の過程をとどめた生物が多く見られる。

地球史的な考えからすると、それだけすべての動物は海産を源とするのだが、陸上においては多様化して適応する種が多いのに比べ、海生生物の方が環境には適応し難いとも思われるのだ。

海洋生物の多様性も、その生態・経済的価値などによって異なる。例えば水中に生息するネクトン(ネクトンには魚類や、イカ、タコの頭足類など経済的価値の高いものが含まれる)やプランクトン、さらに海底に生息するペントス(顕微鏡でなければ観察できないマクロペントスやメイオペントスもある)もある。そして、ペントスの中にも、線形動物、扁形動物の他に、経済価値の高い軟体動物(巻貝や二枚貝)もある。

また、海洋哺乳類のように経済的価値だけではなく、自然保護団体などの社会的要請で保護されるものもあるので、その多様性からくる拡散も経済価値と云う社会的ニーズで大きく変わってくる。難しい言い回しになったが、海洋生物の環境も、人間生活(社会)における、利益、不利益によって大きく変るのです。

そして、その社会的ニーズと云うのは、なにも漁獲によってだけのものではない。例えば、陸上での食糧生産にも大きなかかわりを持つ。例えば、田畑の開墾による伐採。それが、大量の森林伐採につながり、土砂の流出から海洋汚染を引き起こす。また、農作物の生産効率を上げる為の薬剤散布は、その土壌汚染を引き起こす他にも多くが海に流出する。これら全てがリンクしていることから、社会的ニーズは常に海洋環境リスクと並行して論じなければならないのだ。

そして、ペントスなどの海洋小生物は、環境変化に対して適用能力の少ないと云う考えから、陸上に比べて遥かに環境破壊のスピードが速く、その汚染が進むほどに減少し、その食物連鎖から他の海洋生物にも大きいリスクを負わせ、影響をあたえる。

農薬はその種類にもよるが、直接的な人体吸収だけではなく、その成分蓄積された食品を間接的に摂取することで、シックハウス症候群やアトピーなどを発症させることは周知だ。しかし、これが海洋生物に対してとなると将来永久的な被害を想定する学者も多くいる。

例えば、島で日常に使われている除草剤だが、その除草剤によって野菜の遺伝子が変わってしまうこともある。遺伝子が変ることで、健康の基本である人体のタンパク合成システムに影響を与え、腸内に生息する微生物を死滅させ、消化器系や甲状腺やリンパ系システムに大きな障害を与える。免疫力が低下し、脳幹部にある尾状核も破壊させる問題も危惧されている。

除草剤の散布には除草剤散布基準というものがあり、

(1) 除草剤の特性に合わせて適期散布を励行するとともに、薬量は基準量を厳守する。
(2) 除草剤は、適用作物、適用地帯、適用栽培型以外には使用しない。
(3) 薬剤は、均一に散布し、むらまき、重複散布にならないよう注意する。
(4) 薬剤散布は、風向等に十分注意して薬剤が近接ほ場へ飛散しないようにする。
(5) 除草剤散布後の機械機具は、使用後直ちに水洗いをする。特にホルモン型除草剤については、専用の機具を使用するか、使用後は洗剤で洗ってからさらに数回水洗いをする。
(6) その他、作物別の除草剤使用上の留意事項をそれぞれの項目を参照する。

販売の際には、これらを徹底するるように指導されるのだが、実際には基準通りに使われないケースが多い。そして、その除草剤は通常の一般農薬と明らかに区別すべきという学者も多い。つまり除草剤は、あのベトナム戦争時にアメリカ軍が使用し、今もでも各地で奇形児を生み出している、あの枯葉剤と同種のものなのだ。
そして、鉱物・石油系化学枯草剤の効果について「畑、耕作地に使用禁止」「土壌汚染・水質汚染専用剤」の表記を徹底すべきだと言う意見なのだ。
耕作地に使用した場合は当然、毒が残留するのみならず、土質は著しく低下するので、肥料効果を下げ、総合生産性は低下します。また、土中の微生物をほぼ全滅に追いやる薬剤なのだ。
耕作地周辺の土地への撒布においても、野菜等作物に含まれる栄養成分低下、
周辺の植物の生育異常。病気・虫害の頻発が推測できる。また病気・虫害の発生パターンが代わる人間を含む周辺動物の死亡・悪影響、地下水の減少、微生物の死滅、植物の根の損傷など、など、など。

2006年の9月に沖縄県の石垣市でWWFジャパンがサンゴ礁の保全や利用に関わる方を対象に、有害化学物質がサンゴに与える影響に関する講演会を開催された。
これまで、除草剤や防汚剤によるサンゴへの影響については、サンゴ礁の保全や研究にたずさわる関係者の間でも、あまり議論されることはありませんでした。しかし、農業開発地区ほどサンゴの白化現象が言われる中で、神戸大学助教授・岡村秀雄氏、産業技術総合研究所・鈴木淳氏、そしてWWFジャパン「南西諸島における野生生物の有害化学物質調査」の共同研究者の一人である東京大学・渡辺俊樹氏が、それぞれ専門の立場から、海洋環境における除草剤や防汚剤による汚染の状況や研究事例を報告し、石垣島や沖縄島の周辺海域に生息するサンゴに悪影響を及ぼす危険性が潜んでいることを指摘しています。

これは沖縄や石垣島だけのことではなく、私の住む八丈島でも同様の除草剤による汚染が、数十年も前から既に始まっているのです。これは、島の海洋環境を考えると、決して安閑としてはいられない話になる。

先日、汚泥処理場建設予定地の説明会が行われました。もちろん汚泥処理場は、島の環境将来を考えると絶対必要なものです。しかし、この汚泥処理場は浄化槽設置と両輪です。島の浄化槽の設置率を上げることも、汚水の海洋流出からくる汚染を多少でも防ぐ手立てでもあります。
そして、こう言った環境論議を多くすることで、島の環境意識を高め、化学物質の海洋投棄や、薬剤、農薬などの海への流入を防ぐことが、海洋生物の保全にもなると思うのですが・・・・・。

いずれにしても私達島民の生活は、適正な海洋環境の中で成り立っているのです。

| http://www.papasinn.com/kankyo/index.php?e=17 |
| パパズインの環境姿勢 | 07:32 AM | comments (x) | trackback (x) |
離島に生活するものとして、海洋環境を考える。
海洋法の包括的な条約として、
第三次国連海洋会議で採択されたのが1982年である。

それは、紛争解決の為に作られた、
他の国際条約などに比べると、かなり新しい。

IWC(国際捕鯨条約)が1946年、ワシントン条約(野生動物の保護法)が1973年、
であるから、それに比べてもごくごく最近出来た国際条約である。

日本がこの条約を批准したのが1996年の7月である。

米国、ドイツ、中国、韓国等は国家戦略として早々に批准し、
基本政策を次々と打ち出したのに比べ、
世界第6位の排他的水域を誇る日本としては
如何に海洋環境の取り組みが遅れているかを物語っている。

その後、2008年「海洋基本計画」として、
海洋資源の開発および利用の推進、海洋環境の保全、海洋調査の推進、
海洋産業の振興、沿岸海域の総合管理、離島の保全など、など、
海洋に関する国民の理解の増進と人材育成を基本施策として
「海洋基本計画」の制定が閣議決定された訳です。

それは2008年の洞爺湖サミットに帳尻を合わせる形だったかもしれない。


この海洋基本法を要約すれば、

海洋では、今まで、領海、公海といった領域区分だけではなく、
排他的経済水域や大陸棚等、その機能や利用目的でも区分され、
同一海域でも重層的な管理制度が導入されることになる。

国連の国際海洋条約に基づいた海洋秩序の枠組みから、
補完された国際規範の形成である。

更に、地球規模での環境問題が深刻化する中で、
温暖化に伴う海面上昇。広域化する起用汚染。海洋生態系のかく乱。
それら環境問題の顕在化である。

海洋問題の地球環境全体に関わりを重視し、
それを取り巻く全世界的な情勢変化も加味した環境への取り組み。

更に、海洋保全よって経済活動が沈滞、影響を受けるリスク。

それは、海洋という「場」の容量を考慮しながら決定する
システムの構築であり、
海洋を持続可能かつ合理的な利活用を図るということ。

これが海洋基本法の概要だろうか。



海洋環境は、広範囲であり、難しい問題だ。

面積. 62.52km². 海岸線長. 58.91kmの八丈島は、
主産業である、観光、漁業、いずれもが、この
海洋資源に依存してきたと言っても良いだろうか。

それだけに、海洋環境の保全は島には大きな問題であり、
将来の課題でもある。



次回は、海洋生物の多様性と、
地球温暖化と海洋環境の変化を考えてみたい。  


これは環境情報科学・38巻2号の特集「海と環境」を資料としています。


| http://www.papasinn.com/kankyo/index.php?e=16 |
| パパズインの環境姿勢 | 01:24 PM | comments (x) | trackback (x) |
島々の環境

温暖化の影響から海水温が上昇し、
ツバルなど南の島々の環境変化(水没化)が心配されている。

一昨年行ってきた、クリスマス島(キリバス共和国)も例にもれないようだ。

取材のない休日に、自転車を借りて島の反対側に出かけたが、
ちょうど満潮時だった為に、道路の低いところが水につかって通行できない。

結局、その道路を通れるのは干潮時の2時間だけと判った。


八丈島も他人事ではない。離島であるから、水温による干満の差は激しい。

漁港などでは、水温の低い時の干潮時は、
漁船に乗るのに梯子(ハシゴ)がいるぐらいだ。

そして、高水温時に満潮になると船が陸に乗りあげそうになる。深刻だ。


温暖化の、最も大きい原因とも言われるCO2の削減問題は、
いまや政治問題にもなり、車のハイブリット化、電気自動車の推進など、
社会も一体になって取り組んでいる。

しかし、この問題も、我々離島に住む人間には、
まだまだ見えにくい部分も多い。

南の島の話ではないが、海は車の走る陸地の2.4倍である。

そして、地球全体の流通を考えた時に、海上運搬と陸上運搬では、
その運搬量と規模がまるで違うと云うことだ。

まして、近年増え続ける空路(飛行機)である。


車のCO2だけだ取り沙汰される中だが、
如何に我々が、国の施策やメディアなどの報道から得る知識だけは
不十分であることに気がつくはずだ。

もちろん、船のハイブリッド化や、飛行機のハイブリっとエンジンなど、
研究されてない訳ではない。
(写真は、オーストラリアで建造された、ハイブリット船)

so_ra


しかし、車社会の中で、現状は一般車のみ、
流通にかかわるトラックなど営業車のハイブリット化は、
まだ先のことだ。

更に、我々島々に生活をする人の交通、流通の手段である船。
漁船。更に空路。飛躍すれば宇宙のゴミ問題。

社会に重大な影響を及ぼす、これらの問題は、
気が遠くなるほど後回しで、ずっと先の事なのかもしれない。



これに、多くの政治的な問題が重なり、世界規模の問題として、
先進国、途上国、様々な利害が交錯する中であるから、
これも、解決をみるのは気が遠くなるほど先だろうか。

はたして、地球が待ってくれるだろうか。


| http://www.papasinn.com/kankyo/index.php?e=15 |
| パパズインの環境姿勢 | 06:05 AM | comments (x) | trackback (x) |
八丈島の現実
八丈島では八丈島・水海山を処分場建設地として正式に決定した。

その経緯の中で、水源への影響を心配して、
「水海山の緑と水を守る会」が、
4126人の八丈島最終処分場の建設反対の署名を集め、
その中で島内住民3849人が署名した。

しかし、正式決定から半年経ち、島民の間では
一気にその熱が冷めたかもしれない。

ただ、継続して反対運動を続けている方も多いので、
この署名運動の是非はともかく、
その環境活動の今後には注目したい。

終わりのない環境問題である。
環境運動には幅広い知識と、大きな熱意がいる。

継続こそ力であるから、意見や思想の隔たりを超えたコミュニケーションこそ、
島の環境将来を明るくする。


確かに、処分場建設反対の意見は少なくなったかもしれない。

しかし、この運動を通して、
島民の環境意識が高まったことは事実だ。
そして、未来につながる運動であることも間違いない。


先日だが、石鯛釣りのお客様を連れて、
友人と一緒に神湊港の軍艦堤防に行ってきた。

このところの島は、秋口からの水温低下もあって、
数年ぶりにヤリケン(マルイカ)が釣れ盛っている。

夜釣りなので、夕方の場所取りから、
それは銀座なみ(古い表現)の混雑である。

お客さんを連れていったのが早朝だから、
その時間は人気の少なく、広い防波堤の上は静寂である。

しかし、その白いコンクリートは、まるで落書きしたように
イカ墨でいっぱい。お~、恥ずかしいぐらいに汚れている。

「イカ墨ぐらい流せよ~」と言いたいが、
これが釣り人のマナーだろうか。

ただ、普段からお客さんを案内する私だから、
防波堤に来る人達のほとんどは顔見知りだ。

しかし、このイカが釣れ盛った時だけは違う。
イカが美味しいのもあるが、これは冷凍保存がきく。

釣れるだけ釣って、一年分保存しておく
食糧確保の為の、ほとんどが島の俄か釣り師達だ。


それは、一般の観光客や、東京からの釣り師の方が遥かにマナーが良いだろう。

それが、ひとつの防波堤で50人以上群れるのだ。

その戦場のような防波堤の、わずか5分ぐらいの行き帰りで、
写真のようなゴミを拾い集めた。

gomi



空き缶、空のペットボトル、ビニール袋、食べ残し、釣り糸やハリ。

防波堤に残されたものだが、これ以上に海に投棄されているだろう。


友人は言った。
「このイカ釣りをしている人の中には、処分場建設反対の署名した
島民もいるだろうね、絶対に」
「そうだね、推進する行政側、町役場の方もいる。
呉越同舟で釣りをしてるのさ~」

これが島の現実だ。それだけに、
この島の環境活動が尻すぼみになってはいけない。


| http://www.papasinn.com/kankyo/index.php?e=14 |
| パパズインの環境姿勢 | 02:11 PM | comments (x) | trackback (x) |
船で帰ってきた。そして、この島に思うこと
先日、上京をして船(東海汽船)で帰ってきた。

朝陽の眩しい朝、御蔵島から黒瀬を超えると島のシュリエットが美しく輝く。

新録と山桜のコントラストが美しい。

いつも見慣れている沖からの景色だが、
すり鉢状の八丈富士はらせん状に造成された道が真新しく見える。

以前の話だが、八丈富士にのぼり、ここを下ったが、
すれ違う車一台ないほど閑散としたこの道の、
その無機質なコンクリートに興ざめし、
「なんて、島らしくない」と感じたものである。

ただ、公共工事で生計を立てる方が多い島である。

その中で、土木業や建設業に着いている仲の良い友人も多くいる。

そんな彼らには生活の糧であるのだから、その懸命に働く姿を見るにつけ、
「何のための造成工事なのか」なんて疑問を、声高に言えるものではない。

船は、間もなく底土港に入る。

フラットで静かな海を滑るように入港するのだが、それでも
接岸には船首も向きを変えるために大きく回転させるので、船は揺らぐ。

私は、数人の島人と一緒に、青々しく透明度の高い海を眺めていた。

回転した船が海底の砂を巻き上げると
「え~、パパさん。底土はの海底は砂なのですね~」
「そうですよ~、向こうに突き出た大根から、特に手前の御正体根まで、
砂に埋もれていますよ。昔はこの辺りだけだったのですがね」

確かに、私が島に来た18年前は、御正体根の周りは砂のない岩場で
海藻がたくさん生えて、アオリイカなどの産卵が見られた。

島は、底土港の反対側にある八丈小島などでは、
山羊の食害などで自然崩落が繰り返され、
そのガラ土が海底につもって天草などが育ち難くなったと云う。

この底土港の方は、砂の海水浴場があって、毎年大量の砂が入れられ、
その砂が流れ出るために、20年以上もその砂入れの工事を繰り返している。

これまで入れられた砂の量は、恐らく天文学的数字になるだろう。
それは小島の自然崩落と違って、おそらく人為的な環境破壊であろうか。

確かに、この島には砂の海水浴場はない。

しかし、観光誘致には、砂の海水浴場は欠かせないものなのだろうか?。

昔であれば、海水浴に来るお客さんも多かったか知れない。しかし、今は
夏休みの時期でも、決して海水浴のお客さんが多くはない。
むしろ砂のない、ヤゲンヶ浜や乙千代ヶ浜の方が多い時もある。

昔に比べ、天草は勿論、トコブシも採れない。

私が、この島に来た頃は、小サバや小アジが、何処の防波堤でも群れていた。

この辺りは、小魚の潜む海藻が多かった。


良くある話で、自然環境の変化は多くの要素があるのだから、
それは、一括りにはできないし、そんなに胆略的な話ではない。

しかし、底土、神湊地区では、間違いなく
この砂のおかげで環境変化を起こしてきた。
こう推測するのは、私だけだろうか。



ダイビングの仲間と、毎年ボランティアで海底清掃を行っている。

前回は藍ヶ江港だったが、ここも海底は細かい砂がヘドロ状になって
周囲を覆っていた。

先日、そのダイビングの仲間が(ショップのオーナー)、海
底に海藻の菌を植えた荒縄をからめ、
海藻の復活をさせたいと、その事業への協力を言ってきた。

素晴らしいことである。このような話が、永続的に啓蒙し合ってこそ
島の環境意識が高まる。

「もちろん、大事なことだ。ただ、それ以上に海藻の育つ環境をまもることも・・。
底土の砂入れも考え直さないと、いつか島の海底環境の、全てを変えてしまうよ」
「そうだね~、たくさんテトラを入れても砂流出の防止には全くならないし、
テトラに覆われた砂の海水浴場なんて、江の島や茅ケ崎の整備された
海水浴場を見慣れている人達には・・・、ダイイチ時代遅れだよ~」

彼には、この事業がたとえ上手くいかなくても、
環境は意識することが大事であるから、
途中で諦めることなく、一過性の運動で終わってはいけない。
環境活動は継続することと訴えた。


環境変化は、地球温暖化などのグローバルな問題も大きい。

しかし、私たちが生活の中で当たり前になっていること、それが永く続けられたことで、
知らず知らずのうちに起きているケースも多い。

ただ、この島の環境問題は、将来的に大きなリスクであったとしても、
現状の生活を変えるなど、簡単に出来ることではない。

それは難しい問題だけに、腰を据えた、息の長い活動が必要になる。


| http://www.papasinn.com/kankyo/index.php?e=13 |
| パパズインの環境姿勢 | 06:31 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑


COPYRIGHT c 2008 papasinn.com ALL RIGHTS RESERVED.