環境意見及び活動

■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2017年07月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■OTHER■
●papas cafe●
●mamas garden●
●とっておき八丈情報●

J-1グランプリin 八丈島 参加者募集中

八丈島磯風

kiduppers

八丈島の空調・電設・メンテナンス工事の英電舎

海底清掃から見えるもの
12月14日に、八丈小島の一の根を海底清掃した。

これは毎年、パパズインとダイビング事業者のボランティアで行っている。

今年は、島の安全ガイドと環境保全を目指した団体、『八丈島の海を安全ガイドする会』を設立したこともあって、これからも積極的に島の観光面での安全ガイドと環境考えていきたい。

今回の海底清掃は、その予定した14日は冬型の気圧配置で北風が強かった。

その上、大潮周りの前であるから、一の根あたりの潮流は物凄く早い。船長の山下君と(波太郎丸)話し合ったうえで、参加ダイバーの安全を考え30分だけの清掃になった。

そのせいか収集されたゴミは、例年になく少ない。


ただ、そのゴミを見ると、最近の釣り人の環境に対する意識が覗けるのだ。

それは、参加ダイバーが口を揃えていうのだが、この2~3年で驚くほどゴミの量が減ったと言うことだ。これは、明らかに環境への意識変化であろうか。


この意識変化は、特別に釣り人だけが変わって来たわけではない。社会全体で、環境への意識変化が起きていることになる。

それは、1997年の京都議定書(COP3)から、その後の温室効果ガスの25パーセント削減宣言、コペンハーゲンで開催中の国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP15)など、世界の中での日本政府の取り組みが社会にも浸透してきているからだろう。

高々、釣りのゴミの話が環境国際会議に及ぶのは、いささか大げさかもしれないが、しかしこんな末端に起きていることが環境なのだ。


私は世界中を釣り歩く。だからこそ、自然環境の大切さが理解できる。

日本の南の島やマリアナ諸島では韓国や中国製のゴミの多さに驚く。しかし、ハワイやミッドウェーなどの太平洋諸島やアメリカ西海岸などでは、それ以上に日本の漂着ゴミが流れ着き、アホウドリなどの野生動物を殺傷する一因なったと言われる。

南の島々の海面隆起や、中国南部沿岸の海洋汚染。どれをとっても、ゴミ問題が世界中でリンクするように、環境問題全てが、先進国、後発国、世界中でリンクしていることを感じる。それは私だけではなく、多くの報道から国民全体にも意識として、間違いなく広がっているだろう。


多くの企業は環境姿勢を示し、その対策を無くして成り立たなくなっている。景気低迷を言われる昨今だが、そのギリギリのラインで試行錯誤しながら環境を意識する。そして、我々の日々の生活が否応なしにその影響下にあるだろう。

そこから、知らず知らずに環境配慮が芽生えることで、社会全体の環境に対する意識が熟成してくるだろう。

そんな企業の一部かもしれないが、釣り道具を作る企業やメーカーも環境に配慮した製品作りが成される。

毒性が強く環境負荷の大きい鉛製品に代わって鉄製のオモリ、鉛のルアーに代わって鉄のルアー、化学製品のビニールから作られるワームは成分解する素材に。多くの製品に環境配慮が成されてくる。

釣り道具の製造方法、塗料、パッケージから、製品そのもののマテリアルまで配慮されてきているのだ(まだまだ牛歩のような歩みではあるが)。

そんな環境意識が釣り人にも反映される。それは釣りというレジャー自体が大きな環境負荷を生むものであるだけに(絶対に、釣りはエコロジーではない)、企業もその販売する道具の使い方や、破棄する場合の環境リスクを謳い上げる。それは、釣り人のマナーとして定着してきているのだ。

まだまだ足らないい部分もあるが(鉛フリーなどが進む家電メーカーの進化に比べるとだが)、そういった社会から見える『ゆとり』みたいなものが、釣りの先進国であるヨーロッパや、私が釣りに行く、韓国、中国、南の島、その国々によって、其々の熟成の度合いとして違って見えることになるのだろうか。

勿論、国内の釣りにおいても同じことが言える。

島の釣りでも、イカシーズンの防波堤のゴミなどを見ると、島外から来る釣り人よりも遥かに島お釣り人の方が無神経にゴミなどを投棄しているような気がする。こんなところに、その地域の環境に対する意識が覗けるのだ。

島でも、昨今は処分場建設問題などで環境論議が起こっている。そのことなどで、島民の環境意識が高くなり、より熟成されると嬉しいのだが・・・・。


話はそれたが、この海底清掃では近年使われるようになった新しい釣り道具(新素材のラインやインチク、鉄のオモリなど)が多くみられた。

その分、昔は信じられないぐらい多かった石鯛のオモリなどは少なくなっている。これも道具や釣り方の変化もあるが、明らかに意識の変化であろうか(鉛のオモリを捨てると言うことに害悪感を持つようになってきた)。

ゴミを見るとその社会が見えると言う。確かに、釣りのゴミでも、その道具の変遷は勿論だが、メーカー、企業、釣り人の意識変化が覗ける。


私は、この海底清掃の活動を通して、少しでも環境に対しての啓蒙になれば嬉しい。

そして、口幅ったい言い方だが、この『八丈島の海の安全ガイドする会』の活動を通して、私の考え方と将来を見据えた環境意識を、島の若い人たちに伝えたいと思っている。

1

2

3

4


| http://www.papasinn.com/kankyo/index.php?e=20 |
| パパズインの環境姿勢 | 05:07 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑


COPYRIGHT c 2008 papasinn.com ALL RIGHTS RESERVED.