環境意見及び活動

■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017年11月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■OTHER■
●papas cafe●
●mamas garden●
●とっておき八丈情報●

J-1グランプリin 八丈島 参加者募集中

八丈島磯風

kiduppers

八丈島の空調・電設・メンテナンス工事の英電舎

 

環境は身近なところから
パパズインでは微力ですが、出来る限りで島の環境保全には、努力を惜しまないつもりでいます。

環境問題は意識向上です。当然に他の島民の方々との議論なども重要と考えます。
しかし、ペンション経営は、洗剤などで綺麗に部屋を清掃し、
お客様のために美味しい食事を作る努力をするのですから、
それなりの環境負荷も大きく、それは往々にして口先だけの意見になるかも知れません。

私は、自分たちの身近なところから出来るような行動を、と考えています。

例えば、今年になってから始めたアルミの弁当箱です。

我が家は、釣りを始め、ダイビング、サーフィン、のお客様が主で、
特に釣りのお客様は朝が早いので、従来はそんなお客様のために、
お弁当を買っていました。

しかし、そのお弁当は大概プラスチックの容器に入れられラップされています。
それらは、プラスチックゴミとして焼却時には焼却灰を発生させるのです。
それは僅かであっても、無害とはいえない化学物質の残留物です。
そして、まさに塵も積もれば山になるのです。

確かに、早朝の3時頃起きての弁当作りは大変にタフな仕事で、負担もあります。

しかし、このアルミ容器の弁当作りを始めてから、まずは弁当が美味しいと言われること。
そして、その容器を持ち帰らなければならないことから、お客様は、
飲料水の容器(ペットボトルや空き缶)や他のゴミまで、一緒に持ち帰るようになったのです。

もちろん、磯釣りでは磯場にゴミを放置すると波にさらわれ、海洋汚染の元ですし、
燃やすとダイオキシンの発生になります。船釣りなどは船に残すと、
後で海に捨てられたり、また船頭さんがゴミ処理をすることになります。

このアルミの弁当箱を使ってから、船長からも
「パパズインのお客様は、船にゴミを残さないね~」
と言われ胸を張れる気持ちです。

僅かに、人口8500人の島ですが、それでも焼却場のゴミは膨大です。これらは、
市販される弁当のプラスチック容器、マーケットなどに多い発砲容器のトレイ、ラップ、ビニール袋、
などを少なくすることで、かなりのプラスチックゴミを減らす事が出来るはずです。

確かに便利になることで、生活用品は勿論、農業や建築業に使われビニール製品など、
この島の先人達が使わなかったものが、今ではたくさん氾濫しています。

本当に自然豊かな島を望むのであれば、
これらを少しずつでも減らしていくことが大事ではないでしょうか。

パパズインでは、タバコを吸うお客様で釣りに出かけるお客様には、携帯の灰皿を持たせます。
(最もルアーフィッシングなどの若いお客様は、持参する人も多い)

こんな、身近な環境配慮が輪となって広がった時に、真に暮らしやすい島になるのかも知れません。

写真は、昔懐かしいアルミの弁当箱と携帯の灰皿です。

bentou


| http://www.papasinn.com/kankyo/index.php?e=8 |
| パパズインの環境姿勢 | 09:52 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑


COPYRIGHT c 2008 papasinn.com ALL RIGHTS RESERVED.