八丈島の釣り情報


■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2017年07月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■OTHER■
●papas cafe●
●mamas garden●
●とっておき八丈情報●

八丈島磯風

kiduppers

八丈島の空調・電設・メンテナンス工事の英電舎

今週も、良く釣れました。

相変わらず、好調なのは五目のアオダイ。

ヒメダイ交じりで1人8尾から20尾。


深場のオナガダイは300メートル台で釣れています。

2キロ~5キロクラスが2~6尾。オモリは300~400号を使います。

ハリスは16号~18号、2~3本針。天秤の吹き流しです。


ジギングは透明度が高いので、水深で150~200メートルのディープジギング。

潮流も早いので、ジグは300~400g中心です。

細いタックルの方がジグの動きが良いので食いますが、
重いジグはラインの損傷も早く、大型がヒットしてもは殆ど獲れていません。


私はPE6号、リーダーはフロロ130ポンド~170ポンドを使います。
出来れば、お客様もPE5号、リーダーは100ポンド以上をお勧めします。

この夏から秋にかけてのディープジギングは、ヒット率は低いですが、
当たれば大型です(大型を狙うのであればこの時期)。

重いジグを暑い中で振り続ける釣りになりますが、それだけに達成感は大きいです。
諦めずにやり続ける事が肝要です。


泳がせ釣りは、カンパチ狙い。10~20キロのカンパチ、ヒラマサが釣れています。


トローリングのカジキ狙いが絶好な時期です。パパズインは本格的なトローリング・レンタルタックル完備。

パパのガイド付きの料金が、安全で大物も狙え、お土産も沢山でしょうか。


では、今週のフォトギャラリー。

(写真は小型魚を並べては撮りませんのでアオダイなどの写真は少ないでしょうか)

omori3

omori1

omori2

omori4

omori5


fujii1

fujii2

fujii3


miyoshi1

miyoshi2

kawa

miyoshi

三好さん達は釣り過ぎ~。カンパチも5尾です。
(空港では100キロ以上の超過でした)


ta

hi1

hihi

numakawa

沼川さん達のジギングは、とても楽しい釣りでした。


hitomi

ひとみちゃんは一人勝ち。中村さんのカンパチの写真は大型過ぎて却下。


いじょう。パパズインの申し込みは下記に。

04996-2-3888  メール angler88@biscuit.ocn.ne.jp



| http://www.papasinn.com/index.php?e=474 |
| 釣り情報::オフショアフィッシング(ジギング&キャスティング) | 02:23 PM | comments (x) | trackback (2466) |
良く釣れるようになりました。
透明度が高いので、ルアーはチョイ辛いですが、
それでも、ジギングでは3~8キロヒラマサ、5~10キロカンパチ。

キャスティングでは3~8キロのキハダマグロが数。

泳がせは潮が速いと苦戦しますが、大潮周りを避けると大型が。

アオダイは相変わらず、大型が好調。1人5~20尾。

ハマダイ(オナガダイ)は300メートル以深なのでオモリは500号を使います。

アカハタは1人一日で10尾までです(先日は2キロ近い大型も)。

ではフォトギャラリーです。


onaga

g

kan


ワッフルたちは、良く釣りました。最大でスケちゃんの30キロ、数で10尾ほど。

ワッフルは20キロオーバーを2尾に10キロオーバーを2尾?。

a

d

w


キハダは26キロ

ka


平山先生はジギングでも初カンパチ。アオダイは大型クーラーに満杯。

根岸先生も大満足でした。他アカハタも数。

これは8キロヒラマサ。

h

ヒビキさんは6~8キロのカンパチ2尾

f

山崎さん達も、大満足の楽しい釣り。

y


今週は皆さんが楽しい釣りをしたようです。



お問い合わせは

電話・FAX 04996-2-3888   メール angler88@biskuit.ocn.ne.jp




| http://www.papasinn.com/index.php?e=473 |
| 釣り情報 | 08:31 AM | comments (x) | trackback (4) |
週末ごとの欠航が続く
週末ごとに欠航が続く。

黒潮本流が北に離れたので、潮の流れが落ち着いてきた。

パヤオゲームが面白くなってきて、マグロやシイラのキャスティングゲームが上向き。

深場のジギングもやれる状況。

五目釣りのアオダイ、ヒメダイは好調。

オナガダイはやや小振りだが、数釣れます。

泳がせは、カンパチにヒラマサです。


梅雨に台風が重なるので、飛行機の欠航もある。

船で来られるお客様は、それなりに釣果を出している。

ban

坂東さん達、1日目は五目でアオダイ、ヒメダイ、オナガダイを沢山。

そして、お土産を確保したので2日目の泳がせ。

このヒラマサ1尾でしたが、楽しかったそうです。

名前を伏せて欲しい、Aさん(本当は、釣果に不満だったから・笑)。

泳がせのカンパチ7キロと12キロ。

ka

これで不服は贅沢、でも泳がせが良くなってきました。


またまた、訳あり(笑)・・・Bさんのキャスティング。

shiira

hi


パヤオでは。

pa

残念ながら、大型のキハダマグロはばらし。魚は居ます。


草川君、150メートル台のジギングは3~5キロのカンパチのみ。

深場500メートルのジギングでは、バラムツは貼りはずれで、
今回は良型のキンメ6尾だけ。でも楽しかったようです。

ku

この釣りは潮が速いと難しくなるが、大型のジグでスローピッチ。楽しいです。


詳細は、パパズインへ

04996-2-3888  angler88@biscuit.ocn.ne.jp





| http://www.papasinn.com/index.php?e=472 |
| 釣り情報 | 04:53 AM | comments (x) | trackback (0) |
けっこうムラがあるようです。
ヘチ石で防波堤に1~2時間通うのだが、
これも水温が上がったり下がったりでムラが。

ジギングも浅いとこで食ったと思うと、深いところでも、
両方で食う訳でもなく村がある。

先日も我が家のお客様ではないが、ムロアジの泳がせ、
地磯で30キロ超のカンパチ。
(こりゃ、素直に凄い)

かといって、船の泳がせ、ムロアジガ釣れない、カンパチも連れない。

翌日になったら、20キロ超のヒラマサが釣れる。

まあ、自然相手の釣りだから、当然潮の流れに左右される。

島は黒潮本流が、島の南側に近いが、毎日かぶったり離れたり。

その為に、水温が毎日のように変わるので、その都度に一喜一憂なのだ。


では、魚の写真、いや、お客さんの写真を。

kobayashi

これは、本人のメモリアルで20キロ越え(素晴らしい)。


kid

ko

ha


(彼らは全く始めてのジギング

se

(前の、関森君の忘れてた)

ko


(近藤さん達も楽しい釣り)

五目釣りは、

o

n

h


ヘチの石鯛

r

t

pa


お問い合わせは

04996-2-3888    メール angler88@biscuit.ocn.ne.jp


| http://www.papasinn.com/index.php?e=471 |
| 釣り情報 | 01:23 PM | comments (x) | trackback (0) |
魚は必ずいる!。
清洋丸の40キロオーバーカンパチの話だが、実際は50キロオーバー。

いや59キロ。

何かだんだん大きくなってくるようだが、でも、
巨大なカンパチであったことには間違いない。

拍手喝采である。

まあ、毎年以下の時期は大型が出る。

普段、あまり活性しないような超大型が、イカだと狂ったように追うのだろう。

しかし、水温は上がって、そのイカが釣れなくなった。

当然に、ベイトが変わると食いも変わる。まして毎日のように水温が変わるので苦戦続になる。


でも、その中で大枝さん達はさすがに釣る。

その後は私のソルトワールド取材。私は、8キロ大のヒラマサでお茶を濁す。

食いが落ちた頃なので苦戦だった。

その後は、ネーチャーボーイズカップ。これも苦戦。

取材の写真は誌面までお預け、
ネーチャーボーイズカップはの結果と写真はメーカーHPで。


確かに釣れ難くなったが、そんな中で古谷さん達の20キロカンパチは立派。

魚は、間違いなく居るのです。

oga

s

f

f

l

出していない写真もあって、お許しを。


| http://www.papasinn.com/index.php?e=470 |
| 釣り情報 | 04:55 PM | comments (x) | trackback (30) |
PAGE TOP ↑


COPYRIGHT c 2008 papasinn.com ALL RIGHTS RESERVED.