八丈島の釣り情報


■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2018年07月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■OTHER■
●papas cafe●
●mamas garden●
●とっておき八丈情報●

八丈島磯風

kiduppers

八丈島の空調・電設・メンテナンス工事の英電舎

驚きの入れ食い、しかもだんだん大きく。

サンスイの永井さん達が3~5キロのカンパチ、入れ食い状態。

ギリギリまで粘ったので写真は撮れなかったが、別船の古賀さんたちの写真を見ても分かろうもの。

みなさん、とてもマナーが良く2キロ以下はオールリリース。全体で半数をリリースというから、まあ小型中心。

でも楽しかったようだ。


写真は前回載せたので、オイラのを。

oi


そこで、福島から来た葉染さん達2人。釣りの予定ではなかったのに、初めてのジギング。

3~6.5キロのカンパチを20尾以上。3キロ以下はリリース。

ha1

ha2

pa1

こんな釣りをしてたら笑いが止まらないだろう。



そして、その翌日は、ジギング2回目米山さんが、奥様と一緒に高齢に負けずジギング。

もち、パパがガイド。

「大丈夫、大丈夫、これ僕の竿、パームス、リールダイワ、ジグネーチャーボーイズ。

落としたら、エッサエッサと動かすだけ。おっかさんのためならエンヤコ~ラ」

あっ、釣れちまっただ~~。

てなわけで、1日日目は30尾ほど。

3キロ以下はリリースで、最大はオイラの8.2キロ。だんだん大きくなってくる。

yone

pa1

もち、奥さんも釣りました。




そして翌日、オイラが磯のガイドでいけないのでお2人で。

「大丈夫かな~、切れたら結べないし~」、「いや大丈夫いっぱい持たすから」

てなわけでタックルセットを5本も。

そしてなんと、奥さんは6.5キロほ本カンパチ。米山さんは11.2キロの立派なカンパチ。

oku

ko


(どひゃ~~!)



パパズインへの申し込みは

04996-2-3888       メールは コチラ。


| http://www.papasinn.com/index.php?e=393 |
| 釣り情報::オフショアフィッシング(ジギング&キャスティング) | 12:35 PM | comments (x) | trackback (3) |
たった一日の釣りでバタバタ。

サンスイの永井さん達6人、もうひと組は古賀さん達。

1っヶ月前からジギングに来る予定。前回はシケで断念。

「パパさ~ん、こんかいは・・・・」

「はい、何とかできますが、飛行機が厳しいですね。あすは確実にできる。飛ばなかったら最終便で」

断念したグループもあったが、釣況が悪くない話から来ることに。

やはり1便は欠航。

でもパパの言うことを聞いたおかげで、たった一日の釣りだが、翌日は風も収まり大爆釣。

特に粘っテギリギリ迄頑張った永井さんたちは、カンパチ1人2~5キロを12尾~17尾。

小型のリリースは多数。大型のラインブレークもある。


欲のない古賀さん達は3~6キロを1人3尾~8尾。とっても楽しい釣りでした。

写真は、永井さん達、魚が多すぎて梱包でバタバタ。写真を撮るまもなく、写真は古賀さん達。

koga

(1人1尾しか持たないので)



魚の送料だけで1人5000円ぐらいだからその量がわかります。

私が何時も言うように、冷えるとカンパチ、ヒラマサが浅場に入ってくる。

まだ落ち着いてないので、小型中心だが、落ち着くとまずは5~6キロのハガツオが。

そのあとで大型20キロ超のカンパチやヒラマサだ。

そうなっ、て春の鳥が騒ぐ頃はカンパチ、ヒラマサ、ハガツオがトップでも釣れ出す。

ラインブレークも多くなるが、これからが楽しみだね~。



お問い合わせは

04996-2-3888       メールは コチラ。



| http://www.papasinn.com/index.php?e=392 |
| 釣り情報::オフショアフィッシング(ジギング&キャスティング) | 08:23 AM | comments (x) | trackback (2) |
シケ模様だが。

シケ模様で、沖は波が高い。

そんなポイントの限られる中で、あきちゃんがジギングで頑張りましたね~。

ヒラマサ22キロは拍手喝采ではないでしょうか。

aki



小岩戸手前なので、例年通り、これからは浅場に入ってきそうです。

4月~5月のキャスティングも、楽しい時期になりそうですね~。





磯釣りは、良くなってきました。

ウロウ根や黒崎もつれているが、小島がよくなってきました。

パパは中根で50オーバーを含めオナガを6尾。翌日は地磯で45センチ頭で6尾。


特に、地磯(船ツケ)は夕マズメにバタバタ連れました。





パパズインへの問い合わせは

04996-2-3888       メールは コチラ






パパズイン速報!

例年、積極的ではなかった、3月、4月(カツオ漁盛期)遊漁船が何時でもご用意できるようになりました。

この時期は、例年小岩戸沖に大型ヒラマサがつき、ジギングや泳がせ釣りに絶好な時期です。

どうか、早めにご予約ください。


大阪のフィッシングショーは2/3(金)~2/5(日)。

東京国際フィッシングショー(パシフィコ・横浜)は 3/23(金)~3/25(日)。

ダイワブースやネーチャーボーイブース、JGFAなどでお会いしましょう。


J-1グランプリ(八丈島ジギングトーナメント)は、5/12(土)~5/13(日)






| http://www.papasinn.com/index.php?e=386 |
| 釣り情報::オフショアフィッシング(ジギング&キャスティング) | 08:50 AM | comments (x) | trackback (2) |
大型は、いるのだけど。


チョイ水色が良いようで、ジギングは騙されにくい。

それでも、古谷さんたち6キロ頭で数。やはり2~3キロが多い。

fu



川又さんたちも同様。でも楽しかったようです。


| http://www.papasinn.com/index.php?e=350 |
| 釣り情報::オフショアフィッシング(ジギング&キャスティング) | 03:48 PM | comments (x) | trackback (447) |
厳しい状況の中で

小川さん達は、何時もガンガンやる。

より深いディープジギングもいとわない。

600gの重いジグもいとわない。

ただ、ただ、大型カンパチだけに狙いを絞る。

そして、彼らのジギングは熟練で相当にうまい。

おそらく、我が家を訪れるアングラーの中でも最強だろう。

しかし、釣れないときは釣れないもんだね~。

黒潮が圧して透明度が高く、しかも潮悪だった事もあるが厳しかった。


nori

<0

それでも、「嗚呼、良く遊んだね~、楽しかった~」と言って帰って行った。


そんなアングラーの彼らが、小気味良い。




そんな最終日。5年ぶりぐらいに来た荻野さんが、いきなり8.5キロのカンパチを釣った。

ogi

これを、運が良かったなんて言ったら、彼に失礼だ。彼も相当にやり込んだアングラーだから。



ところで、パパは釣れたのか?って。

あっはっはっは、釣りって、難しいね~。



パパズインへのお問い合わせは

04996-2-3888        info@papasinn.com



| http://www.papasinn.com/index.php?e=343 |
| 釣り情報::オフショアフィッシング(ジギング&キャスティング) | 03:32 AM | comments (x) | trackback (2) |
PAGE TOP ↑


COPYRIGHT c 2008 papasinn.com ALL RIGHTS RESERVED.