パパのコラム集 column 大言壮魚

■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2011年03月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■OTHER■
●papas cafe●
●mamas garden●
●とっておき八丈情報●

J-1グランプリin 八丈島 参加者募集中

八丈島磯風

kiduppers

八丈島の空調・電設・メンテナンス工事の英電舎

 

災害から見る軍隊

絆に語られる『軍隊』とは


今回の、東北、太平洋沖地震と津波災害は未曽有の被害をもたらした。
被災された方、親兄弟、親族を亡くされた方々の心情は如何ばかりか、察するに余りある。

私も東北出身である。酷くはないと言っても、兄や多くの友人も被災した。
大災害の中、この事態では、流言やデマ等が心配される。

社会的に大勢ではない些細な私の意見など、
そんな類にはならないと思うが、それでも言葉を選んで述べたい。

やはり、復興への道のりは、始まったばかりであり、まだ入り口さえ見えてない状況だろうか。
それでも、この災害では、「絆」と云う言葉が心を打つ。

たしかに、心配される原発の破損など、先の2次災害が見えない状況もあり、開示される情報も二転三転だ。
政府を始め、解説者、科学者でさえ右往左往の感がある。
国民みんなが先の不安を感じているはずだ。

しかし、ツイッターなどを見るにつけ、不謹慎と思われる発言も無い訳ではないが、そんな発言を戒め、
「心を一つにして、互いに信じ、困難に立ち向かう」そんな意見が大勢だ。
現政府の対応に批判的な意見も多いが、それは政治的な思惑もあるので、多くの国民はそれを封殺したかも知れない。
とにかく、政治家の指導力を信じ、復興に向けて心を一つと云うのが大半だったろう。

勿論、私などもその意見である。

原発の問題では、破損から放射能漏れが心配され、
事態が長期化するにつれ少々波風が見えては来る。

しかし、そんな事態から起こった、買占め、飲み水の心配、野菜の出荷停止による風評。
それらは、なんとなく終息の方向に向かい、
計画停電などの社会的不安はあるが、国民の方がいまだに冷静だろうか。

他国などに見られる、大きな災害時のパニック。
そのあと暴動などの不毛さが言われる中で、日本人の冷静さに、諸外国が驚く報道が多く聞かれる。

勿論、心ない人がいない訳では無いし、この状況で止むにやまれず法に外れた行為をする人もいる。

しかし、ほとんどの日本国民は、それを戒め、その苦境の中でも他人を労わる。
これは、この日本で培われた大和民族の性(しょう)であり、文化であり思想だ。
そして、その根本は、先に述べた絆であろうか。そして、この絆は世界各国に及んだ。

日本は、戦後の敗戦から立ち直ったが、そこで大きな教訓を得た。
それが日本国憲法にある不戦の誓いだろう。

その戦後から数年経つと自衛隊の前身である警察予備隊が編成され、それが自衛隊発足になって行く。
これは米ソ冷戦下で、アメリカの思惑を考えると当然の事であった。
しかし、この事で、社会党、共産党、の自衛隊違憲主張が長く語られる事になる。

ただ、今回の災害を考えると、国民の誰もが、この自衛隊の獅子奮迅の働きから、
その存在を否定しないだろう。
「世界で唯一、人を殺さず人を助ける軍隊」と支持を得、その姿に大きな絆を感じている。
多分、相当の間は自衛隊の違憲論争は起きないであろう。

では、米軍に対してはどうだろうか。

釣りをある程度の生業としている私だから、取材などで沖縄などに行く機会も多い。
そこで感じるのは、沖縄県民の戦後からの長い米軍駐留。
そして、「日本の安全」と云う名で押し付けられた苦難だろうか。
そして、今起こっているのが、その戦後から放置され続けた沖縄県民の願い、沖縄の基地問題だ。

この災害の前までは、その政府の対応の悪さもあってますます混迷を極めている。
ただ、その中で、あえて言いたいのは、この災害での米軍の活躍である。
一般的に、自衛官の奮闘する姿は大きく報道されるが、
米軍(特に在日米軍)の活躍する報道は控えめである。

しかし、この米軍の命をかけた「オペレーション・トモダチ」は国からの発表が無いが相当のものである。
この東北地方太平洋沖に展開する米軍の海兵隊と米海軍、その救援活動には1万8千人を超える。
艦船は19隻、航空機は140機で物資を被災地に届けている。
そこに投入される数は戦争並みの規模。
その物々しさに、中国軍が偵察ヘリを飛ばすぐらいなのだ。

これは、オバマ大統領の肝いりもあるが、まさに日本人に向けての「絆作戦」だ。

幾ら震災からの意見と言っても、沖縄の現状を考えると、こういった発言は不適切かもしれない。
しかし、日本全体にとっては感謝して余りある米軍の活躍であることは間違いないだろうか。

日米同盟からの、戦略的な話での『軍隊』と云うのは、我々国民には縁遠い話だ。
しかし、こう云った事態での軍隊は、絆と云う言葉で語られ復興の大きな助けになる。
そして、それは決して依存ではない。

頼る事、頼られること、助けること、助けられること、今回の災害を機に、
国の将来も含め、この事を見直したい。


| http://www.papasinn.com/column/index.php?e=52 |
| column 大言壮魚 | 09:43 AM | comments (x) | trackback (x) |
私の勝手、妻の勝手、人間の勝手、パート2

私の勝手、妻の勝手、人間の勝手、Ⅵ

最近、ガーデニングにはまっている妻だ。

広くはない庭だが、レストランから眺める花を観るのは悪くない。

毎日のように草花の手入れをし、丹精を込めて育てる。

植物とはいえ愛情も湧くだろう。

釣り好きの妻だが、右手の手術をして以来、
ジギング等のあまりヘビーな釣りは出来なくなった。

僅かにライトロッドでのパヤオジギングや、冬季の磯釣りには出かける。

不自由なはずの右手だが、好きな事をやっているときは何とか踏ん張れる。

それだけに、体力負担の少ない庭作りは良いかもしれない。

「パパ~、花を囲うのに、島らしく赤い溶岩の岩を並べたら良いかも~」
ようするに、重い岩を運んで貰いたいのだ。

建設業を営っている友人に断り、
その資材置場にある溶岩質の岩を運び終わると、今度は、

「此処に、それを囲んで、そう見栄え良く~、花壇を2重に作りたいから~」

それが済むと、さらに、

「パパ~、農協で腐葉土を、ほら~、この鉢に土を入れるから、
こっちには白いハイビスカス、あっちには八重の松葉ボタン、グァバの木も、
サンパチェンスも、サンパラソルもよ~、早く買ってきて~」

少しは見栄えの良いガーデンになったのだが、なにしろ今年は台風が多い。

そんな庭の20~30キロある重い鉢を、
台風の度に裏に運ぶのも私の役目である。

そんな勝手な妻の要望で、わたしゃ腰が痛い。



私の勝手、妻の勝手、人間の勝手、Ⅶ

最近、島にカラスが多く住みつくようになった。

それは、都会で繁殖しすぎたカラスどもが、
その勢力を広げ徐々に南下してきたのでは?こんな話である。

島でもゴミ収集日が決められていて、
火曜日と金曜日は生ゴミの日だ。

それを知って、その曜日の早朝には、
ゴミ集積場の近く電線の上に多くカラスが群れをなす。

ゴミを増やした人間の勝手からだろうか、その数は怖いくらいだ。

島には多くの小鳥たちが住んでいる。

渡り鳥の休憩地でもあることから、
多くの渡り鳥たちも羽を休めるのだが、
このカラスが増えたことで、
明らかに鳥たちの勢力図も変わってきている。

魚の仕分けなどで小魚が捨てられる島の漁港は、
驚くほどカモメが多いのだが、
最近はその中にカラスが割り込んできて、
多勢のカモメたちでさえ、
そんなカラスの前では戦々恐々としている。

海とカモメは似合う。

特に切っても切れないのが演歌の世界であろうか、
なかにし礼作詞で、北原ミレイが歌う石狩挽歌に

「海猫(ごめ)が鳴くから ニシンが来ると~ 
赤い筒袖(つっぽ)の やん衆がさわぐ~♪」

そんな印象的な歌詞がある。

やはり、海、港町、漁師、カモメ、は演歌の定番なのだろう。

しかし、人間様の勝手から多くのゴミを出し、
離島の港にもカラスが増える。

「カラスが鳴くから ニシンが来ると~♪」

こりゃ、似合わないね~。




私の勝手、妻の勝手、人間の勝手、Ⅷ

カラスは普段山に住んでいるが、夜明けとともに大挙して里に下りてくる。

それは、ごみの集積日には集積場に、
魚を捌き終わった港にはその時間に、
まるで人間のスケジュールに合わせるようである。

それによって、明らかに動物たちの勢力図が変わったのだが、
それは野生のカラスだけではない。

我が家にコーギー犬が住むことになり、
その2匹目のメス犬「ヒメ(ヒー)」が、ようやく我が家に到着して2匹揃う。

その以前から、我が家に「サクラ」と「ヨモギ」と云う2匹の飼い猫がいて、
更に、「ミミ」「チョビ」「チビ」とエサを与えた為に居着いている。

他にも、餌をもらいに来る野良猫もいる。

今までは、外に出ない「サクラ」と時々徘徊するがマイペースの「ヨモギ」、
それぞれに棲み分けが出来ていて、
さしたる問題もなかった。

しかし半年ほど前だが、鴨下さんご夫婦が隣に越してきた。

なんと7匹の猫と「シュガー」と云う超デブのラブラドールが、
隣人?になった為に、それはチョットした騒ぎで、動物園状態である。

そして、これだけの動物が移住したのだから、
そりゃこの付近に昔から島に住んでいる野鳥類や、
その天敵と言われ人里近くに巣を作るイタチでさえも、
たいそう居心地がよくないだろう。

ゴミの集積場付近にはカラスが集まり、野良猫が集まる。

そんな早朝の時間、私はコーギー犬の「クッキー」や「ヒメ」の散歩をし、
お隣の鴨下さんが、飼い犬の「シュガー」の散歩をする。

もちろん、犬好きが多い島であるから、
その時間は飼い犬の散歩ラッシュである。

人間を癒す、ペットたち。人間達は癒されるが、
自然界にとっては迷惑千万な話になる。




私の勝手、妻の勝手、人間の勝手、Ⅸ

我が家の5匹猫と2匹のコーギー犬は、何しろ良く食べる。

猫たちは、ドライフードやネコ缶だけでは足らないので、
ムロアジやゴマサバなど、
お客様が釣っても持ち帰らない雑魚も煮て食べている。

雑魚と言っても新鮮である。

それを、大鍋で煮て(味は付けない)丁寧に骨や皮を取り除いて、
それを小分けして冷凍にしておく。

しかし、5匹の猫がいる上にお隣の7匹の猫にも

「奥さま~、これお宅のネコちゃんに~、美味しいので喜んで食べますわヨ~」

「まあ、何時もすみません。本当に、これだと良く食べますワ~」

あまりにも良く食べるので、すぐに無くなってしまう。

そして、何時も釣りのお客様がいるわけもないし、
釣ってくるわけでもないのだから、私がその調達係になる。

我が家から歩いて5分程のところに東海汽船の発着する防波堤があって、
夜釣りだとゴマサバが良く釣れる。

「パパ~、ネコの餌がなくなって来たから~、サバをイッパイ釣ってきて~」

日頃お客様には、

「釣り過ぎはよくないよ~、小さい魚は程々にしないと」

そう話す私だから、コリャ何だか後ろめたい。

しかし、このゴマサバで我が家の5匹のネコと
、隣の匹のネコが幸せに生きていけると思うと、
「まッ良いか~」である。

勝手だね~。




私の勝手、妻の勝手、人間の勝手、Ⅹ

我が家の新人「クッキー」と「ヒメ」がようやく馴染んできたようだ。

しかし、日増しに我儘にもなっているようだ。

ペンションは客商売である。

犬の好きなお客ばかりとは限らないので、
食事の時などは動き回らないようにサークルに入れ、
やたら吠えない躾もする。可愛がるだけでは躾にはならないのだ。

ところが里親として飼ったので、
「クッキー」は4歳半、「ヒメ」は5歳を超えている。

ある程度もの心が付いているのだから、
怒ると「なんで怒られたのだろう?」みたいな悲しい顔をする。

これが、女房殿には堪らないらしい。

広島に釣りのセミナーで4日間ほど出かけた。

戻ってみると、私のベットに、我が物顔で座り込んでいる。

家内が寝るときに2匹ともベットに上げて寝たらしい。

これでは、私が眠るスペースが無いではないか。

叱りつけてサークルに入れたが、
目に一杯の涙をためて更に物悲しい顔した。

仕方がないので、場所を譲って私は客室で眠ることにした。

おかげで私も妻も熟睡した(悪くはない)。

これから毎夜、客室で眠りたいと思うが、
このままでは夫婦が別々の寝室になってしまい、
やがては別居になるのかもしれない。

ワン公達の我儘から、私たちが別居なんてことになったら……。

なに!可能性はある?。

そりゃ、おいらの勝手だろう。


| http://www.papasinn.com/column/index.php?e=51 |
| column 大言壮魚 | 04:48 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑


COPYRIGHT c 2008 papasinn.com ALL RIGHTS RESERVED.