パパのコラム集 column 大言壮魚

■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2017年04月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■OTHER■
●papas cafe●
●mamas garden●
●とっておき八丈情報●

J-1グランプリin 八丈島 参加者募集中

八丈島磯風

kiduppers

八丈島の空調・電設・メンテナンス工事の英電舎

釣りと音楽

海と釣りに似合う音楽 Ⅰ

数年前に、ジギングで与那国島に行った。

到着当日は午後なので、おやつ代わりにおパンを買いこんで、
島周りをドライブしながら、ライトなキャスティングゲームを楽しむことにした。

シーバス用9フィートのロッドに、チビのポッパーを装着し防波堤を釣り歩く。

何処かから三線(沖縄三味線)の音色が聞こえてきた。

港内の石段の上に若い女の子が座って三線を弾いている。

横のベビーカーの中には乳飲み子がいた。

「何時もここで弾いてるのですか~」

「ええ、雨のない日は大概に…」

「お若いですよね~、子供のころから三線を弾いてるのですか~」

「ちゃうワ~、生まれは大阪です~。結婚してから島に~。
覚えたてやから、ホッホ、うもぉないヤン」

なるほど、話を聞くと生粋の大阪っ娘が、
島に憧れてダイビングに来て、島の男に惚れたらしい。

子供も出来たので、
三線でも覚えて島の女らしく生きたいと云う事らしい。

現代風な健気さを感じるね~。

そういえば、決して上手いとは言えない三線である。

それでも、この音色は島の景色が似合う。

そして、南国の穏やかな風を感じる。


海と釣りに似合う音楽 Ⅱ

私が子供の頃に育った津軽は青森県の西半分、
日本海側の地方である。

津軽の民謡歌手に、岸知恵さんと言う人がいる。

一度お会いした事があるが、まあ陽気で、良くお笑いになる方だ。

その方のステージはおよそ、
一般的に直立不動で歌う民謡歌手には思えない。

踊りながら歌うそのパフォーマンスはステージをところ狭しだ。

スタンドマイクでは、とても賄えるものではない。

そして、彼女の歌う津軽じょんがら節は、そのバチ音と共に圧巻である。

如何にも陽気ではあるが、
何か哀愁を帯び、抒情的で感動すら覚える。

それは、厳しく長い冬と、津軽野の地吹雪や荒ぶる日本海の、
そんな生活に根付いた音楽だろうか。

竜飛岬の怒涛の潮流。

その中で群れを成す獣のような巨大魚。

そのクロマグロの群れを追い、ロッドを振り続けるアングラー。

このクロマグロゲームは、究極のスポーツフィッシングだろうか。

しかし、竜飛を背景を目にした時に、
私には津軽じょんから節の哀愁を帯びたメロディー、
そして津軽三味線の力強いバチを弾く音が聞こえてくる。


海と釣りに似合う音楽 Ⅲ

数年前の話だが、サイパンから北マリアナ釣行へ、
韓国の友人たちと釣りに出た。

船中4泊の予定だが、船は旧式の和船であるから恐ろしく船足が遅い。

片道の走行時間が12時間であるから、
実質は目的のサリガン島付近で59時間しか居なかったことになる。

船長も日本人で、何でも伊豆の下田辺りの漁師だったらしい。

そして現地スタッフの2人も日本語を話すので、全く不便は無い。

船の中には日本の漁具がイッパイで、
まるで八丈島の漁船に乗ってる気分だ。

日中はイソマグロのジギングがメインである。

しかし、アンカーを打ってスタッフが寝静まった後で、
キハダマグロのキャスティングゲームが最高に楽しかった。

それは高々10~20キロのマグロだが、何しろ何処に投げて釣れてくる。

寝ないで休みなく釣りをし、50時間ほどぶっ続けでやった。

その朝、シャモロ系の若いスタッフが歌を唸りながら朝食の卵料理を作っていた。

その歌が、なんと鳥羽一郎の兄弟船である。

もっとも船長が演歌好きで、CDプレーヤーで演歌を聞いている。

この船は演歌一色なのだ。

帰りには、さすがに疲労困憊だった。

船尾でビールを煽り、ボーっとしながら体を陽に焼いていた。

操舵室からかすかに音が漏れ、兄弟船のメロディーが聞こえる。

「波の谷間に 命の花が~ ふたつ並んで 咲いている~♪ 
型は古いが しけにはつよい おれと兄貴のヨ~ 夢の揺り籠さ~♪」

頭上にはアメリカ国旗が、マリアナ諸島の風を受け靡いていた。


海と釣りに似合う音楽 Ⅳ

島で一番のジギング船と言えば、潤航丸だろうか。
なにしろ、20年近い付き合いだが、
ジギングの創世記から一緒にフィールド開拓をしてきた船長である。

彼は実に不思議な男である。

まだ付き合いの浅かった頃、始めて彼の家に誘われた。

まだ彼が独身の頃である。

真新しい家の2階にあるリビングに通される。

だいたい、漁師の家で2階にキッチンとリビングがある洒落た家なんてのは聞いた事も無い。

リビングのソファーに腰掛け、彼の入れたコーヒーを啜る。

キッチンには奇麗に磨かれた銅製の鍋や、フライパンが吊るされ、
システムキッチンもピッカピカ。

これが独身男の家か?と思うぐらい薄気味悪い。

本棚に料理本等の分厚い本が並べられ、
中に「ニーチェとワーグナー」とか「ニーチェの実存主義哲学の何やら」とか、
カミユの「異邦人」なんて漁師が絶対に読まない。

いや、良識のある漁師は絶対に読んではイカン本だ(笑)。

「パパ~、其処にあるCDで、好きな曲の聴いて良いよ~」

慣れべらたCDはモーツアルトやブラームスなどのクラシック音楽から、
ビルエバンスなどの渋めのジャズだ。

そんな彼が、数年前に結婚をした。

相手は東京フィルハーモニーオーケストラのバイオリン奏者だ。

「島の漁師に、クラシック音楽は似合わないだろう!」。

良く判らん奴だ。


海と釣りに似合う音楽 Ⅴ

島も夏になると、海水浴場は賑わう。

島の海水浴場で聞かれる音楽は、昔は「アンコ椿は恋の花」だったらしい。

やはり、大島に代表される伊豆七島では、代表的なヒット曲なのだろう。

しかし、最近は全く聞かれなくなった。

最近は、レゲイやラップ、
特にヒップホップ系の音楽が圧倒的に多いだろうか。

ヒップホップのメジャーバンドと言えば、
ライムスター、マボロシ、MURO、NITRO、SUIKEN×S-WORD、
DELI、餓鬼レンジャー、キングギドラ。まるで子供向けのTV番組だ。

踊りだしたくなるようなリズムだが、みな同じ音楽に聞こえてしまう。

しかし、水着姿の若い女の子がリズムに合わせて踊るのは悪くは無い。

いつだって海水浴場の目玉は音楽よりも水着姿の女の子だ。

ジギングにもヒップホップは合うかも知れない。

平坦だが一定のリズムをキープする感じで、リズムに合わせロッドを振る。

こりゃ悪くは無い。

だったらヒップホップの原点と言われるR&Bやソウルミュージックでも同じだろうか。

マイケルジャクソンのビリージーンなんてのは相当良い。

では、一定のリズムでアップテンポの曲だったら、
全てジギングには良いと云う事になる。

いやいや、喜歌劇 「天国と地獄」 とか、「軽騎兵」序曲じゃ、早すぎて疲れる。

物事には限度があるのだ。



| http://www.papasinn.com/column/index.php?e=58 |
| column 大言壮魚 | 05:52 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑


COPYRIGHT c 2008 papasinn.com ALL RIGHTS RESERVED.