パパのコラム集 column 大言壮魚

■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2019年10月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■OTHER■
●papas cafe●
●mamas garden●
●とっておき八丈情報●

J-1グランプリin 八丈島 参加者募集中

八丈島磯風

kiduppers

八丈島の空調・電設・メンテナンス工事の英電舎

お酒大好き・続編

酒の話6


私が大好きなカナディアンウィスキーに『クラウンローヤル』がある。

これは、もちろんライ麦が主原料で他に幾種類かがブレンドされている。

昔は英国王室に献上されたらしいが、近年はどこにでも売っている酒だ。

ウィスキーで興味深いのは、一般的なウィスキーはWHISKYと表記され、
特にスコッチにしても、このカナディアンウィスキーにしても同じスペルだ。

ところが、バーボンウィスキーはこのスペルのKとYの間にEが入る。

これはアイリッシュウィスキーも同じだが、
スコッチと差別化しているからだろうか、
それとも単純なミスだったのか。

不思議である。

ちなみに、日本のウィスキーはEが入らないので、
本家に追従している。

そして、もちろん『クラウンローヤル』はWHISKYのスペルでKとYの間にEが入らない。
このあたりが鍵(KEY)かも知れない。わかるかなあ~~(オヤジの駄洒落?)。

いずれにしても、ウィスキーはスコットランドだけのものではない。

ドイツにはブナハーブンとかドイツクリューガーてのがあるらしく、
フランスにはブルボネ産ウィスキーがある。

しかし、本家のアイリッシュウィスキーや西部開拓からのバーボンウィスキー、
またライ麦が原料のカナディアンウィスキーなど、
特に知名度が高いのはイギリスと北米に限っている。

そのなかで日本のウィスキーは確固たる地位を築いていて、
本家スコットランドの評価も高い。

嗚呼、日本の技だね~。



酒の話7


酒を飲みだしたのは、高校3年生で卒業を控えた頃からだ。

秋の学園祭で“ねぶた”(田舎は青森なのだ)を出して、
その打ち上げに勢い余って誰かが持ち込んだウィスキーを飲んだ。

なにしろ、酒に免疫にないインデアンが、
白人に粗悪なウィスキーを飲まされた状態だろうか、
「インデアンうそつかない、白人うそつく、大人はみんなうそつきだ~」
と大暴れしたらしい。

翌日、気がついたら我が家の布団に寝かされて、
酷い2日酔いで死ぬかと思った。

そして、その時に飲んだのがトリスウィスキーである。

この人生初のウィスキーが、
日本でも大正8年に発売と云うから歴史が古い。

そして、私が中学生になった頃、
わが家にはモノクロのテレビなるものが存在し、
その時代にコマーシャルで登場したが、
トリスウィスキーのキャラクター「アンクルトリス」(トリスおじさん)だ。

そんなわけで、私にとってこのトリスという言葉は何かと想い出深い。

国産初のブレンデッドウィスキーであり、
その後の洋酒ブームの火付け役だ。

ウィスキーバーは「トリスバー」であり、
当時流行のハイボールは「トリハイ」と呼ばれた。

てなわけで『トリス』が私を呑んべいにしたのだ。



酒の話8


日本のウィスキー発祥の歴史は、
大正8年というからかなり古いが、
しかし本家本元のスコットランドの歴史は、
それこそ気が遠くなるくらい昔だ。

スコットランド人のルーツは、
紀元前4~6世紀頃に、
ヨーロッパ大陸からアイルランドに移動して来たケルト族であり、
スコットランドにおける蒸留技術は、
そのヨーロッパ大陸からアイルランドを経て、
キリスト教の修道僧によって伝えられたと言うのが通説だ。

王室財務記録帳なるものに、
「1494年、修道僧ジョン・コールに麦芽を与え、それによってアクアヴィテを造らせた」
と記述されているらしい。

このアクアヴィテがウィスキーらしいが、
見てきた訳ではないので嘘かも知れない。

18~19世紀にかけてイギリスでも禁酒法時代があったらしい。

しかし、この禁酒法によって製造業者が山に隠れ密造を始めた。

そしてその山地がスコットランドのハイランド地区であり、
その精霊なる山からの雫と、
進化した密造技術が今のスコッチウィスキーをもたらしたというから、
何とも皮肉な話しだ。

アメリカの禁酒法でも、カナダで密造酒が作られ、
これでカナディアンウィスキーが発展した話がある。

酒は、「禁止禁止と!」叫ばれると飲みたくもなり作りたくもなる。

女房殿に「やめろやめろ!」と言われたら、
余計に飲みたくなる私の心境と一緒だろう。



酒の話9


酒は命の雫(しずく)ともいわれ、それは薬にもなるが、
度が過ぎると国をも滅ぼす。

「一杯の酒は健康の源(みなみと)、4杯の酒は狂気となる」
こんな諺があるくらいだ。

私の大好きなアーティストにトムウェイツというシンガーソングライターがいる。

彼は1970年代にレコードデビューし、
独特の酒やけした嗄れた声で「酔いどれ詩人」と言われた。

同時期に女性歌手リッキーリージョーンズ(アル中にヤク中と言われたシンガー)がいる。

彼と彼女は同棲生活を続けた時期があり
(確かもう一人の男性と3人の同居とも言われるからややこしい)、
その退廃的で屈折した生きざまは2人の音楽にも表れている。

彼は、彼女と別れた後で極度のアルコール依存症になり、
消息不明の時期があったらしい。

しかし、その後にフランシス・フォード・コッポラ監督の映画などに出演し、
音楽家としてもヒット曲を出し復活した。

先日だが、YOU TOBEの音楽映像で、
何故か彼がプエルトリコで釣りをしている映像を発見した。

そこには、昔の退廃的で酒に溺れた姿はなく、
いたって健康的スマイルでボートクルーと屈託のない会話をしている。

やはり、彼も私同様に釣りで更生したらしい(笑)。




酒の話10


トムウェイツの印象的な曲は、
1972年の『クロージング・タイム』や、
復活した1980年代にコッポラ監督の映画の同名挿入曲『ワン・フロム・ザ・ハート』、
そしてキースリチャードが参加した『レイン・ドック』だろうか。

しかし、私が好きな曲は、
70年代初期のブルージーなバラード『New Coat Of Paint』だ。

この曲に感動し、片っ端から彼のレコードを聴きあさったものだ。

そんな、ミュージシャンとしても尊敬している彼だが、
先日の釣りを楽しんでいる映像を発見し、懐かしくもあったのだが、
その映像で驚くのは、堅いトローリングに使いそうなロッドで、
30センチほどのフエダイを釣っていたことだ。

そのフエダイをパンツの中にしまい込む驚愕シーンはともかく、
そのタックルバランスの悪さ、
リールを巻く姿のぎこちなさ、
どれをとっても彼が釣りの初心者であることをもの語っている。

別に、日本人の釣り技術やタックルの良さを自慢するつもりもないが、
酔っ払いミュージシャンがプエルトリコあたりで、
偶々の休日を楽しんでいるのだから、そんなものだろうか。

それでも、童心に帰って楽しんでいる姿を見ると、
何か急に身近な存在に感じる。

すぐにでも飛んでいって、一緒にバーボンウィスキーを飲みながら、
釣りのウンチクをたれ、先輩面をしたいものだ。

釣り好きだと、すぐ友達になれそうな気がする私だ。


| http://www.papasinn.com/column/index.php?e=48 |
| column 大言壮魚 | 10:04 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑


COPYRIGHT c 2008 papasinn.com ALL RIGHTS RESERVED.